Windowsの「スタート」から「ファイル名を指定して実行」を選択します。


sysdm.cplと入力し、OKをクリック。


「システムのプロパティ」から「ハードウエア」タブの「デバイスマネージャ」をクリック。


複数個のCOMポートの中からそれらしきものを見つける。


dspicguyをスタートしてそのポート番号を指定します。


ただし、dspicguyではCOM1から9までしか対応していないため、10以上の場合はポート番号を変更しましょう。「デバイスマネージャ」の画面で例えばCOM12をダブルクリックし、「ポートの設定」→「詳細設定」をクリック。


「COMポート番号」で9以下で使用中でないものを選択する。その後、dspicguyでその番号を指定する。



戻る