コラム07 D-Aコンバータで行われるサンプル値のホールド

●パソコンの中には必ずD-Aコンバータがある

 パソコンで適当なWAVEファイルをダブルクリックするとスピーカーから音が出るでしょう。
 図7に示すようにWAVEファイルの中身は「
整数の羅列」ですが、パソコンの中に「D-Aコンバータ」という回路があり、同図のように「電圧の波」に変換されます。電圧の波はスピーカーに繋がっているので「空気の振動」となって人の耳に届きます。

●サンプルホールドによって連続時間信号になる

 このようにD-Aコンバータは、デジタル信号をアナログ信号に変換(
D-A変換)する回路です。その中ではWAVEファイルの各サンプル値が次のサンプルまでホールドされて出力されます(図8)。

●44100Hz、16ビットでAD→DAすれば劣化はほとんどない

 なお同図ではA-D変換前(マイクから)の信号と比べてD-A変換後(スピーカーへ)の信号は劣化していますが、サンプリング周波数を高くしたり、量子化ビット数を多くすれば劣化は最小限に抑えられます。WAVEファイルでもいろいろなサンプリング周波数/量子化ビット数のものがあるので聞き比べるとよいでしょう。


目次へ戻る