コラム01 デジタル信号処理の用途

 「デジタル信号処理って何に使うの?」と質問されると結構困ってしまいます。なぜかというと、ほとんどの電子機器でその技術が使われているからです。例を挙げるときりがないのですが、思いついたものを表1にまとめました。

 表1 デジタル信号処理技術を使用している機器の例
分野 機器
音声 CD、電話、電子楽器、カラオケ機器、無線機、AIスピーカー
画像 テレビ、DVD、デジカメ、防犯カメラ、カーナビ、CT、MRI
センサ 体温計、血圧計、炊飯器、冷蔵庫、クーラー、乾燥機
制御 自動車、電車、飛行機、ロケット、ロボット


●大事な技術だけどとっつきにくい?

 表1以外にもたくさんの適用例があるはずです。このようにデジタル信号処理は、電子産業の基幹をなす重要な技術だと言えます。

 しかし重要技術であるわりにはそれを得意とする技術者は少ないように感じられます。難しい数式が延々と続く文献が多くて敬遠されるのかもしれません。でも大丈夫!この世界に長いこといる私ですら、数式をこねくり回すような仕事はほとんどしていません。大事なのは
数式の持つイメージを掴むことです。それが分かれば、何かミスを犯したときに「あれっ?なんか変だぞ!」と気付くことができます。それで十分なのです。


●まずは試してみる。前出のマンガで紹介したスマホアプリをインストール!

 本企画では、デジタル信号処理の世界に一人でも多く足を踏み入れてもらうために「マンガ」を多用します。また複雑な数式のイメージを捉えるために「スマートフォンアプリ」(以下スマホアプリ)を用意します。

 まずはお手持ちのスマホでここにあるQRコードを読んで、アプリをインストールしてみてください。うまく読めない場合はGoogle PlayやApple Storeで「信号処理」で検索すれば見つかると思います。


目次へ戻る