dsPIC基板で始めるディジタル信号処理
 dsPIC基板で始めるディジタル信号処理」
(CQ出版社)のサポートWebサイトです。
(1) はじめに
  • 本書にはdsPIC30F2012基板が付属しています。それ単体で実験を行うことも可能ですが、より良い再現性のためには、トレーニング基板を別途購入されることをお勧めします
  • dsPICマイコンは基本的にC言語で開発しますが、その開発環境(MPLAB、C30)はマイクロチップ社のWebサイトからダウンロードします。
(2) トレーニング基板
(3) dsPICマイコン開発環境
  • MPLABXではなくMPLAB IDEを使います。ここを参考にしてください。
  • このページの一番下にある「セミナ資料」も参考になります。
(4) ダウンローダdspicguy
  • MPLABで生成されたHEXファイルはdspicguyというWindowsアプリケーション(付属CD-ROMに収録)で基板にダウンロードします。
  • ダウンロードの際、ポート番号(このようにして調べる)を設定する必要があります。なお、dspicguyではCOM1から9までしか設定できないため、10番以上になっているときはこのように変更します。
  • dspicguyはいったんHDDにコピーしてから実行してください(CD-ROM上では動作しません)。
  • HEXファイルのディレクトリ名にスペースが入るとうまく書き込みできません。
  • 64ビットOSでは動作しません。これを使ってください。
(5) その他実験にあると便利なもの
(6) 誤植、バグ、アップグレードなど
(7) サポート掲示板
  • 解決しない問題や、ご意見、ご要望、ご提案などありましたら投稿してください。
  • 趣旨の不明な書き込みは削除する可能性があります。
  • この掲示板は予告なしに閉鎖される場合があります。
(8) セミナ情報

本の購入はここをクリック!

書籍とは直接関係ありませんが、
弊社製の高性能dsPIC基板です。
e-mail : info@digitalfilter.com

Top Page