FFTをロジックで組んでみる
C言語で書かれたFFTをハードウエア化するには以下のようなステップで進みましょう。各ステップでFFTの結果を検証するのがキーとなります
(1) まずはC言語・浮動小数点でFFT
  • Visual C++でFFTを実行する
  • 演算は浮動小数点で行う。
(2) C言語を固定小数点化する
  • ハードウエア化に備えて変数を整数化する。
  • 整数化前のFFT結果と比較する。
(3) VHDL記述と論理シミュレーション
  • RTL(Register Transfer Level)で記述する
  • シミュレーションでFFTの入出力を確認。
(4) FPGAに焼いてパソコンで入出力を検証
  • XilinxのEDKでマイコンと一緒に論理合成
  • UARTでFFTにデータ入力し、出力を確認する。
信号処理ボード−XILINX版/DFXLSP250


VHDLで作る超高速FFTに挑戦!
この記事にも注目!
FFTの内部を探る

Top Page